資格保持者は年齢問わず採用される傾向に

3番目に転職者の年齢が高い「メーカー」(32.0歳)では、製品サイクルの加速化に対応するため、即戦力として高い専門スキルを持つミドル層の採用が活発化したことが背景にあるでしょう。一方、最も平均年齢が低いのは「小売/外食」の29.3歳で、若手の転職が活発なことが分かります。

<【転職成功者の年齢調査】 35転職限界説」はなぜ崩れた?> より

メール相談・お問い合わせ

主催 : CDA事務所 WTO

 月曜日~金曜日 10:00~16:00

メール相談・お問合わせはこちらから

Twitter

EngーCDA おすすめ