ミドル層の採用が活発化。35歳以上の割合は23.6%と6年で2倍以上に

転職者の平均年齢は、2008年1~3月の28.9歳から右肩上がりで、2013年10~12月には31.9歳と6年間で2.4歳上昇していることが分かりました。また、転職者の年齢分布を見ると、「25~29歳」の割合が大きく減少しており、調査開始の2007年4~9月の49.2%に比べ、2013年10~12月は40.3%と、8.9ポイント減少しています。一方、「40歳以上」の割合は2.5%から9.3%、「35~40歳」も8.0%から14.3%と大幅に増加。2013年10~12月には35歳以上の割合は23.6%と転職者の4分の1を占め、ミドル層の転職がますます活発化していることが見受けられます。

【転職成功者の年齢調査】 35転職限界説」はなぜ崩れた? より>

メール相談・お問い合わせ

主催 : CDA事務所 WTO

 月曜日~金曜日 10:00~16:00

メール相談・お問合わせはこちらから

Twitter

EngーCDA おすすめ